DEFENXIA®︎

DEFENXIA®︎のデジタル証明書(二段階インストール)

デジタル証明書を用いたネットワーク接続制御やEAP/TLS認証では、デジタル証明書の発行と管理がとても重要です。
工場や設備では、社外のシステムインテグレータや設備メーカが、端末やネットワーク機器を設備や機械と共に納入することが一般的です。
設備業者側でアプリケーションインストールやシステム試験を経て、最終的に現場に納入となりますが、この段階のどこでデジタル証明書をインストールするのか悩ましい問題です。デジタル証明書の発行とインストール、その後の管理がおざなりにしてしまっては、厳格な仕組みも効果が期待できなくなるからです。

には、二段階証明書インストールの仕組みがあります。セットアップ時に使用できる「短期証明書」と、短期証明書がすでにある通信機器にだけインストールできる「本証明書」の二段階のインストールを実現しています。(※特許第7353661号)
ダッシュボードにより、デジタル証明書をインストールした機材が、現場でいつ接続認証されたのか、運用状態を個体特定し経時的にモニタできます。
は、二段階インストール技術によって、オペレーションの現場でのデジタル証明書のスムーズな導入や運用をサポートします。

  • #セキュリティ機能
一覧に戻るSolution