DEFENXIA®︎

DEFENXIA®︎の信頼性(オンライン保守)

OTネットワークの基幹部では、ノンストップの運用が重要です。工場や施設が操業停止中でも、一部の設備は生かしておく必要があります。また、施設が停止中だからこそ、制御系や安全系の保守のために、システムデータのダウンロードやリモートアクセスなど、OTネットワークの稼働が求められる場合があります。

ノンストップが求められる基幹部位は、二重化することが一般的です。しかしそれだけでは不完全です。「オンラインで(稼働に影響せず)交換できる」ことが求められます。故障した部位を交換し、元の二重化状態に戻すことが必要です。
の基幹ネットワーク部(FSEBX:フロアサイドエッジボックス)は、内部の重要機材をすべて二重化しており、すべてオンライン交換できます。

サービスセンターからのリモート操作によって、交換対象の電源OFF、交換後の設定データ(Configurationファイルなど)の自動セットアップ、交換後の機器の健全性チェック、復旧後の経路チェックを行います。
特にリモートからの電源OFF/ONは、作業員が盤内のブレーカ系統図(電源回路図)を解読する負担を軽減し、機材交換を容易にします。これにより、ネットワーク機器の取り扱いに不慣れでもオンライン交換に対応可能です。
は、ネットワークの管理保全チームの負担を大幅に軽減します。

  • #信頼性
一覧に戻るSolution