DEFENXIA®︎

DEFENXIA®︎の信頼性(経路切り替え試験)

オペレーションの現場では、ファイアーウォールや基幹ネットワークスイッチの二重化だけではなく、現場の配策(ケーブルルート)の多重化、サーバシステムとの接続の多重化、データレイク(クラウドやセンター)とのWAN経路の二重化なども必要な場合があります。

たとえば、経路に5つの二重化部位があれば、32通りの経路組み合わせが生まれ、障害の内容によって経路の組み合わせ状態が順次遷移することとなります。
では、すべての経路の組み合わせを自動的に発生させ、各ケースでの疎通状態を記録する機能を提供しています。この機能はシステム障害の模擬訓練に効果的です。

万一セキュリティインシデントや機器障害が発生した場合、発生時の対処から復旧のプロセスにおいて、経路切り替えや部分的な遮断が必要になります。定期的な訓練が無ければ、突然の対応は困難です。
工場やプラント設備の一部として、制御系や安全系と組み合わせた信頼性試験、経路切り替え試験のサポートができることは、の大きな特徴です。

  • #信頼性
一覧に戻るSolution